Posted by at

2016年08月23日

すべてのよろこびは、永遠を欲する

しばらくオリンピック熱の中にあったが、
閉会式を終えると急に夢から覚めたように、それまでの生活が蘇ってきた。
と言って、はたして、これまでどのような生活だったのだろうか?と自問し、
なお、何か醒めやらぬ心地の中に居るようでもある。

ドイツの哲学者ニーチェの著した『ツァラトゥストラかく語りき』の中に、
「永遠回帰」という言葉が出てくる。
この言葉を表わす的確な表現に「すべてのよろこびは、永遠を欲する」とある。
人間は喜びに出会うと、それが永続することを願う。
オリンピックが喜ばしいものであったとすると、
それがいつまでも続いて欲しいと願ったりする。
ところが、反対に苦しみに出会うと、それが止むことを願う。
人はそれでも、多くのものに対して永続することを願う。
中でも永続を望むのは、自分の人生、生活、恋。
それらは、希望したからと言ってただ単に永続するものではない。
永続するには、自身を超越していくことによって可能となると説く。

そこで、この『ツァラトゥストラ〜』に、しばしば出てくる言葉。
「これが人生というものであったか?」わたしは死に向かって言おう。
「よし!それならもう一度!」
人間は、ふと、悟る時がある。痛い目にあって悟る人。
岐路に立って、自分自身の状況を見つめ、
そうか、そんなものだったのか、それないらもう一度!ということらしい。

人は何か大きいものを経験して、人生というものを悟っていくもの。
このたびのオリンピックで大願が成就した人。
念願が果たせなかった人。
ただ単に、横になってテレビでオリンピック競技を見ていた人。
そんなものと、何の関係もなかった人。

どんな人にも、ふと過(よぎ)るもの。
「これがー人生というものであったか?」「よし!それならもう一度!」

人の生き方とはそんなものらしい...


*2カ所のブログランキングに参加しています。
↓↓下のアイコンにポチッとお願いします。押すとランキングのページに行きます。お手間ですが戻ってきて、もう一つ下のアイコン(にほんブログ村)にもポチッとして頂ければ、、。


↓↓ にほんブログ村は、こちら。  

にほんブログ村

フレンドリーでリーズナブルな外国語スクール
*外国語リニア
芦屋市大原町7-8-403

*ALEX外国語スクール
神戸市中央区旭通5-3-3 5F

<了>   


Posted by 辛い at 13:13懐かしい

2016年01月28日

ある雪の降る雪の降る

「風は雪が舞い、荒涼は千に黒土、黒土は黒土としています。寂寥霜霖北風がほえる憶千年前、のろし。」立って古い洮児川の背中に耳を傾け、師走北風にキスして、キスを傷つけた歳月の涙。
一人、風雪に立っていた古い城壁の上、空いっぱいの6角天使、天と地、黒と白の世界に、千年歴史の振り返れを訴えている。
古城壁の涙痕と真っ白くの出会い、それは千年に夢の中で。一人の内心の独白は、古代の遺跡より城壁も波乱万丈……
月夜に、心を出発し、生活の現実に向け、人生の夢の彼方。今夜、美しい風を挟んで雪が降る中、そして明月、感情の端にかかってあなたのウィンドウ、純真な美少女、香りに近いから振り返って見て漂ってくる。

夢の中で、私はあなたを見て背の高い立って遠くを眺めるの窓の前に、私は自分が見えるだけの心、冬の街に彷徨うことになるわ。見ていてそれでは熟知の窓と窓にその串不動永久不変の感情風鈴。
熱い心、浮世の寒い凍りつき、その月のように柔らかな糸で、夜の寒峭あがり、感情の夢、心の傷をされて北風は痛くて、洌洌傷、己を流した愛に執着するの熱血、図なぞる人生の初恋!
年輪の転換、記憶の奥の瑕、今にも飄雪、少しずつ、冬の空気を吸って、また吐き出した。私は遠く、遠く君の名前を呼ぶことがない、私は今のように、渇望融進のあなたの血、化をあなたの思いとして、熱い感情の帆、あなたと思いで一番難しいの情の絃を弾いて。遠く、遠くからあなたを呼んでいる。
紅塵の中で、千古越しの高く歳碑を隔てて湿った想い、多情な人、その斬越して愛の糸。雪の降る午後、私の目、事細かと雪の溶ける、昨日より濃いのか?ある雪の降る雪の降る、北風の跋渉、このようになる季節はもっと美しい季節になる。
雪のさすらい、私はそっとこの思いの季節に入って、この冬の午後に入りました。詩人の秘密の花園の中で花己枯れて、多くの記憶しかない、と嘆いても華やかでの流れが壊滅した愛の炎。
窓の外、雪は誰の心を叩きて、1つの季節のほろ苦いの振り返って、内心が耳にするのは心のモノローグ。
千年の歴史が、千年の波乱万丈、千年の古い、またその血戦砂場の陣太鼓蕭蕭。人の心は波乱万丈何を語る。  


Posted by 辛い at 18:02

2015年12月03日

「冬来たりなば、春 遠からじ」だって?!

いよいよ冬の到来を感じるこの頃。
こんな時によく言われる言葉に「冬来たりなば、春 遠からじ」
というのがある。
これは、イギリスの詩人シェリーの詩『西風の賦 (Ode to The West Wind)』
にある一節。
「冬が来たというならば、春は遠くはないさ」ということだろう。
ポジティブと呼ぶべきか能天気と呼ぶべきか?
冬というものは、存外長い保濕精華液
低血圧低体温の身には、これが堪(こた)える。
冬眠という方法がとれないかと思案したりもするこの頃である。

冬の間、冬眠していた虫たちが穴蔵から出てくる日を
暦で「啓蟄(けいちつ)」と呼ぶ。
これはニュースになったりもするので、ある程度知られる日でもある。
逆に、虫たちが穴籠(あなごも)りをする日がある。
これについて、中国の周代から漢代にかけて儒学者がまとめた
『礼記』と呼ばれる書物にその表記があるのを見つけた。
その中の「月令」という章に、季秋之月と題するものがある。
そこに「是月也 草木黄落 乃伐薪為炭。蟄蟲咸俯在内 皆墐其戸」という一節がある。
そこから見ると「蟄蟲」と呼ぶものらしい。
この全文を解釈すると、
「この月は、歐亞美創美容中心草木が紅葉し葉を落とす時期。人々は炭を造るために木を伐っている。
虫たちは皆、じっと籠るため地中の帳(とばり)を閉ざしている」となる。
ちょうど今ごろらしい。
そして、たしか「啓蟄」は三月の初旬。
それまで虫たちは、じっと冬眠生活を送ることになる。
ただ、啓蟄と呼ばれる日でも、まだまだ寒い。
本当の温かさが戻ってくるのは桜の咲く頃。
それまでの長~い冬が恨めしい。

「冬来たりなば、春 遠からじ」

そんな甘いモンじゃない健身單車 香港。  


Posted by 辛い at 13:11

2015年07月30日

最終目的地は同じだ

人生の道には順風満帆のだろうが、大事に設置された様々な障害を乗り越えてあなたを绝えず、一人一人だった。运命、に设定はこの方面の困难は、一言で言って、あなたに製造一方に苦しんでいる。reenex 膠原自生周りの人々に満足物質の生活を含め、あなたには仲良くでもめ;周りの人々に仲良くの暖かさを含め、に仕事していて、事業などに設置する障害;周りの人々に順風満帆の事業を含め、あなたにあなたに尽きることばかり心配する子;周りの人々に物質的な豊かさと家庭と満ち足りた幸せを含め、あなたに体製造痛みのために……私たちの人生に控えて一つ一つに困難と不幸を浴びない奴らを倒す。あなたは知っていて人生は一度もありません。いつも順風満帆、人生の道の価値がある。坎坎♪
この世界はあなたよりが生きていて、困難を訴える人に多い病気は、彼らに困難や挫折はあなたよりはるかに彼らは粘り强くと運命の異種格闘技だった。运命は残酷なであると同時に、公正な。それはあなたにすべての困难を克服の支障をきたし次第、道であなたに敷かれて一条になっていて、生花の情熱だった。生活が私达の打楽器は私达がさらに强さに、より強いショックに一度、一度に鍛え何回下ろさ磨いておくように训练に変わっていたこんごうふえの身になった。多くの时に私たちがあると思ったことはないが、自分がしっかりしていない。強迫症のその決心と行動があるそうで、放漫な財政状況にまで回復している。時々私でなければならないが、自分は本当に、安心してきた自分がだんだん良くなっている。

負けられないと言われているが、スタートラインだが、じつはスタートラインに最も重要でなくて。スタートの人より遅れたものの、道でできるというのが、政府の努力に追いつくこと他人の歩みにすれば、脫髮その人を超え、あなたは人より先に目的地に到着しなければならない。ηへと急ぐの过程の中で疲れたら、あなたのように入ることになる。かも知れないし、ほかの人たちがこの时を超えて、急いではいけない。休息をたくわえたよりも多くのを待っていた力を走る一足早いが、ゆっくりとすれば、その時に追いつくこと他人を超えて、あなたは依然としてが先に目的地に到着しなければならない。
人生の道にいつスタートが遅くてくれれば認めたことを認めた目標をが莫大な情熱と激情热中、あなたは必然的なものと引き换えあなたの结果を発表した。人の一生がなかった」とし、「自分の方向と目標のために、彼らはスタートが早くもあった。しかし、彼らは疾走する過程を中東ちらりとちらりと西ウサギ、あるいは向东奔とむらがっ方向に间违って、それから南へ走った、明確な方向に干渉いくら早くて走ったにもかかわらず、これを永远に目的地に到着しなかった。
人生の道路は、多様なで、ある人が出会うのは1本の好調な道で、ある人が出会ったは1本のパワーに満ちていた。ぬかるみの小道を、人によってはだまされる経歴を持っているのは、数奇な山道。私たちが歩んだ道は違うが、最終目的地は同じだ。だから困ったことがあって、あなたにでこぼこ时、あなたしようとするならこれは难しいとた道がある。纖瘦店あなたは人より多く払わ厳しさ、人よりを犠牲にして时间があってこそ、目的地に到着しなければならない。あなたの道中の苦労と汗があなたをもっと強くても、最高水準。
  


Posted by 辛い at 12:36情感

2015年07月09日

青春ターミナルのバスが

时には私は思い出して何年も前にも、このツリーの下に滞在したことのある人、ただ知らない今日どこにあるのか。覚えているかどうかは幼い頃から一緒に、日差しに積まれている沙だったのだろうかbridal academy 認受性
強硬路線は、青春はしない。この道はないがすばらしいですね!復华正の年齢に、誰は全身の青春活気を受けて、青の単純な歳月は、谁の頬を紅潮させなかった蝋のように淡く微かですか?少年のを愛していて追梦,たい走り続けるなら、なんの切り札を出した。青春呐、一生に一度だけ、来ても慌ただしくて行く、甚だしきに至ってはあなたに無防備には青春と鉢合わせしてしまっはもちろん、あなたに無防備に、青春の歳月になると緊密な思い出をしました。
前方もあれば歧路ました、と私が木の下に凉みた友达よ、どれだけがここでそれぞれだろうか。私を连れての祝福、旅に出ましょう、少なくとも1段の道が私达はいっしょに歩いたことがあって。
行き交う人のうち、誰がが自分の道を急いだ遊泳だったのだろうか。あるがあなたを待っていておらず、生命の中で一種の贅沢しましょう。
窓の外の雨は叩いた。私の窓、一声は、時間をはげしく庭木を滑りの声に、青春の残した撇タラム。ため息が出るほどだ。

私はホームなど1台に行って青春ターミナルのバスが閱讀能力、立ち止まって振り返っ、笑い、涙が、虚しい心境を迷ったり、鮮明に覚えている。幾分か懐かしいや名残惜しさだった。バスがゆっくりと突っ込んできた、私は离れて、依然として静かにドアに目を向けた。私は歩いたことがあった、风があいまいに別れのあいさつをした。
いくら年后に、私は杖を拐棍駅のプラットホームに、人々が行き来し、早々に、その道はいつして消えてしまった。道端に残っていなかった草花も、あの木は「友誼」の木の下で、一群の私と同じ白髪の老人、ツリーの前で、滓、日差しに明るい、近づいてみるとは少しはすでに成片の思い出が……
1試合で夏雨眠っていました。原は梦にすぎない。

爱してる、行こうか、青春の路真果て、道ばたの石に名刺を焦るな旅を見返す振り向けば歐亞美容、1次ラウンド花鸟风月を见ていると、その途中の静逝行かふ。
  


Posted by 辛い at 16:22情感

2015年03月20日

日光の人生を持つ

いくら忙しくても暇の時、暇は好き収拾部屋を整理して、きっと物置、甚だしきに至っては多少は塵旧堪えられない、実はたくさんは平日にも使えないのであって、そこを占めてかえって地方、ときに心に横、DR REBORN好唔好いっそ捨てていいが、考えるとも感じるもったいないので、またもとの場所に戻し……実は私達は割り切れないのは物そのものではなく、その物が僕らに寄せた想いが、中間ドーピング、我々の酸、甘くて苦い、辛い過去。

静がもっと好き好き、静かな人、静の人は空虚寂しい、退屈なのかも、彼は心を静める神、泰然と、聞こえない外部の騒音やざわめき、静の人、愛する品1杯のお茶、聞く曲は、1段書いて文、尋側の静かに、山水の間に、寺廟、田園でも、彼の足跡だけに、静かな人、やっと自由を楽しんで、才能は出で漫遊する、と争わないで、自身には、静かな人で、彼の愛も静かに、静かになど、静かに待って、一貫して悲しみも喜びもない、愛は増加し、喜歓と静の人の付き合いは、私は彼に送るいらだたしくて、彼はまだ私は静かで、愛だけで静かな人こそ、他人の能力を考え、たとえあなたの言葉ではない、彼はすべて知っていますあなたの心の中の苦楽排毒

はそんなに一人、私などの時に彼は私を待って、私が左手で右手を差し出してもちょうど彼は、彼が私の心の中に入って、私もちょうど彼の心の中に入って、それから離れないで見捨てないで、この春が来たかどうか、彼も来た、あるいは未来からた。

集まるのは歓喜の別れは悲しい、人生は長くて、命は短く、毎日毎日一刻も上演によって別れて、世界で一番美しい別れは命の別れ、どうしては最も美しい別れ、最後は最初からすべてに戻った原来の平平凡々「布衣粗食にできるかもしれない、終身」平板に最高の。たくさんの願いを、多くの感情、から感じる時間が足りないでください、もう遅延責任逃れは今度にしましょう!毎回次回の時の次はないかもしれない、まだ間に合うみてみて、機会がまだあって、勇敢に、積極的に生活しましょう!DR REBORN唔做黑店ずっと失ってやっと大切にして、「Nの方にお知らせが美しく、久品が解かわいい」にいてくれていた人を包容する。  


Posted by 辛い at 17:26情感

2015年03月16日

寛容を欺き

朝の時はいつも暇、イスをベランダで、私は静かに座る、明るい光降り注ぐ、こぼしに一層一層に滲みて暖かさを。ひとしきり風に開けて薄い寒冷紗、冷たい、少しやさしい。この時期、空気もた湿度。握る、鑽石能量水 消委會 一杯の緑茶、霧が立ちこめる、そっと蔓延。懐かしい音楽に淡々とが流れていて、ない。品のお茶、本を読んだり、風に吹かれて、髪はぼんやりして、雲、余裕のあること。一筋の風に吹かれて、音もなく、身の回りから抜ける。小刻みのぬくもりに包まれて、散淡、めろめろ、憂いてい。

私はいつも図書館へ行くのが好き、静かな隅を探し、書物、香りその巻物の清香。読書に酒を味わう。品書、酔っ于书香に。一部の歴史書に強い酒、けちな蕭条、粛殺凛としの衝のせい。一部の文学の書籍は、ブドウの美酒、薄い香り酒の強さ、アルコールや、後味が尽きない。本を畳む巻、始まり風無痕、心は飄々として、酔いが覚えた、心境に変化。
時にキャンパスで私を見て、靑空と白い雲を眺めて、緑の葉の新割、嗅ぐモクセイの香り。無人の際、自由に次/、腔憂鬱と五臓六腑の汚れが吠えているに噴火出かけたとき、しばしば感慨自分、伝説の心の浄化はどこですか。これは宁非。
夜の時、私は好きで漫歩して総グラウンド。空の色さえ、楊海成 改めて幽微ふくよかな気持ちを持って、全身に浴び濃い藍色の星、掌でささげ持ち、漏らし斑の光、両者が入り交じる。綺羅星夜空の下に、目を閉じて、細かく考える昼間の経験と並んで、博学な先生、学友、口元を小さな微笑みながら。
大学で、人生の中で最も豊かな過程。偽りはない、偽善、寛容を欺き、放任しない。学業も生活を顧みて、最少で、絆は最少で、心は最も薄くて、先入観がいちばん淺く。すべてのすべて、発生そば。全国津津浦浦も集まってこの美しいキャンパス、学友の間の競争が、協調、衝突していて、抱きしめて、喧嘩していて、駆け回って、進む。例えば飲甘泉、例えば崩れて熱い土地、重厚な。ぼんやりとの間に、ぼんやりと遊離様々な映像の中に隠れていて、この時代の最も本当の追求と憧れ。おぼろ混沌状態、命がどんなにどんなに激高、自信満々で、どんなに。
醉卧キャンパスの香りで、私は中に酔う台灣機票優惠。  


Posted by 辛い at 11:50生活

2015年03月10日

愛に対する季節

いくつか人はもう心にもないことを、もう恋、感動があり、薄情なを待つ。愛と気持ちに、いつも毎回落ちぶれるが交錯する中、ぐるぐると美しい上着脱い;感情はまたいくら裸凛と風塵、執念About us 關於我們、耐えて歳月風雪の洗礼!と感嘆:私たちは結局は時間に負けた、負けた自分の堅持しないです!
あの1つのあなたの心の情花すくって、すでに私の心の上で根を下ろして、一回月光漂白時、いつもあなたの詩句で、散歩していると寂しいの香り。繁栄から向かって孤独で、あなたとは、愛に対する季節にとって、ただあなたの一人だけが合わない。かどうかを失った、惜しんで、かわいがって一つの花の散り、そこで、収蔵からこの道にこぼした喜びと涙が、ちょい縷縷香り豊かな記憶を集めてポリ一冊に封印を、自分をやめ、経年に開く。
小さな姿の女子で、これまでと少しわがままるので、ツンデレなので、いつも知らず知らずのうちには間違いを犯す。後悔の気持ち苦しめた心、一度うっかりのダメージを、どのように才能を交換する1部のお互いの心持ちを言い表すと安心!というと、女子、一人低眉、今昔、私はその意味がわかりましたか。はは、一回すみません、機票換えて大丈夫で、私はすでに体得して、自分の簡単だと思っていたが、実際には云淡风轻姿に、一本の出所、深い感情が戻るが、永遠のUターンできない。
平板な時間の中ではないが、そんなに一人を持っていて、あなたの心に回想する巡礼。もろもろも忘れ、覚えたあの季節桃満天の香りではないので、季節の暖かさのためではなく、心の中に入ってその年の春、あの春にぴったりのあなた。多くの時、命の素晴らしさと価値は、あなたに出会う人かどうかを鑑賞することにわかると発見。それが気になる人、あなたはやさしくなって、美しくて、あなたは努力が優秀と、完璧をその目を見つめる愛は変わらないserviced apartments hk。  


Posted by 辛い at 12:33情感

2014年12月23日

未知の自分

私の生命のように座ってジェットコースターのように上下鑽石能量水 消委會
、素晴らしいですね。

未来の自分がいくら歓声をもって、私もされないので飽満的名利によってかと頭を下げたことはないだろう、皆の崇拝と感謝をささげる天に升って、私はあの盲热心に、すべての私があるのだ。

苦しみの谷底しなくても、私は首が待ち望んでその一部の日差しをひっかけてがっかりして、私を満足させた、宇宙と生命のそのほんの少しの信頼を少しずつ本位に自信があって、最后に、私は屈託を出て、一層沈殿物、淡訴えを许します。

、霊性の成长の旅程で、私が発見され、我々は認めなければならないdermes 價錢自分の恥部を受け入れて行きが见えてくるので、自分のが完璧ではないのか、そして受け入れて自分自身との否定的な感情をうまくやっていけるのかも决定楽しい指数の重要な要素だ。

tags:あたしが深く接触になればなるほど発見され、多くの人がひとつにもたれてtags:体系(キム・ジンソン)自分の皆様を失ったと、心の柔软されなくても、「隠し自分の負の遺産を清算するためのほうを見ないように自分の卑屈さと乏しかったかえって「打ち破れる」のエネルギーを作り出す。私はどうしてあんなに多くの説明したtags:桥渡しや先生言動が完全に様々な現象が現れている。

私たちが多くの人を好き好んで自分をして思想の檻の囚人服を着てもあえて冒険を出て牢獄に入ろうとし鋁窗、自由にしようとしたが、広いの未知の世界。  


Posted by 辛い at 18:45生活

2014年12月09日

とても楽しかったですね

私が登校する列車に注目している。
とても楽しかったですね。
高校卒業後に基本的には話せなかった私はの時代に、qqに私とずいぶん長いこと、彼を送ってくれて一轮の花を忘れたのは何か理由を明らかにしましたが、私は嬉しい。私たちは大学に合格して彼は私の糖を食べるように、彼が大学にできたのに、糖恐らくというのは、考えさせてくれました。
高一の时愚かは彼がとてもハンサムで、バスケットボール殴らなかったのはとても良いです。結局その日は寮の下でプレーして彼が着用するのは紫色のトレーナーシャツを着て、あれは私のを見たのははじめてだったということだ。
高校2年生の私达に属して、彼は1クラスに座って私の后ろに、私も木が言った愚かの目に映った彼を我々はふりかえると彼は穴を掘って鼻を刺激する。
忘れた席はどのように调整するか、彼は私の時代に、前列の真ん中のあの大組に入った。
私たちをプラスしました:2通过しなければならない。
彼はある一つの模倣抽選筒のペンです。
我々は、夜間の自律学習用トイレットペーパーやって晴れた空の子供をつけ、教室のドアの上に置いた。
彼の字は容易にかっこよくなかった。
彼は私は笑い、は太阳がとてもあたたかいです。
私の后ろで游んでいました。私の髪を彼のガールフレンドが彼のそばに立っていた。
彼はバスケットボールたたか上手だった。
彼が私を超えないように、毎回五字。
彼はハンドルネーム「丫儿羊」「じゃ、そこまで」、そして彼は僕に彼の名前をよく。は彼の名前を见るたびに転職した後、この言葉が思い出される彼だ。
その後私たちは同席しました。
日私は宿題、彼に走って私の前に行って、私に撮影した写真だ。
一日木が私に教えて、彼は彼の席に私を見て笑ってから、そのとき私は気は廊下沿いの第三に設けられた。
高校3年生だった。
毎回出会い、彼は笑うことができるのならばあたたかいです。
彼はたまに私の空間にコメントを書き込んでいる。
彼は好きなが歩いていた私の后ろにの时に游んでいました。私の髪に触れる。
彼は好きなジョークされませんでした。
彼は変えたガールフレンドなのか、それとも私たちのクラスで、彼女は僕が好きなのだ。
その日课间操、階段をする时、彼は私の後をついて歩いて、急にガールフレンド不快なしゃべりかけられ、といって何か大きな過ちを犯した。
私は、学校の前で买い物をして、彼が反対方向からき,私に対しては笑い、私は笑い、彼と彼女はそばに便乗しに出てきました。
その日に私と木にゲームをプレイして、お互いに相手に探して。一人の若者が、そして相手の眼を見て、誰が先に負けをして、私は木が指差した彼は、木が彼を见には私も彼を见に行き、最後は负けてしまった。
あの夜、コンベンションセンターで、木では、私は、祖明琪だった。祖私に闻きますかあたしに何かいったことはいないと言うと、祖はまた彼が携帯電話で読んだ私の写真を見ている。
その日、卒業シーズンにだけを言うことをするのか、それとも他人についてのだった。
写真撮影を卒業したあの日、我々は一言も言わずに、目で出会ってなかった。
あたしたちはそれから卒业しました。
中原に来た一校を二本学院が、彼に通っていた。
さらに私たちはますます他人に近い。
私がないのに、これを自覚して、新しい生活に一度一度の思い出しを梦に见て、彼を見た。
  


Posted by 辛い at 16:39生活